キャビテーションにおけるアフターケア方法「メスを使わない脂肪

HOME >

メニュー

キャビテーションにおけるアフターケア方法

キャビテーションにおけるアフターケア方法


「メスを使わない脂肪吸引」という別名があるキャビテーションは、日本を含めた世界各国で話題となっています。
方法はとてもシンプルです。
シェイプアップを希望する部位に超音波をあてることで、蓄積した脂肪を分解して乳化させるのです。
乳化した脂肪は自然に体外に排出されていきますので、シェイプアップできるという仕組みです。
特徴として・痛みが無い・安全性が高いなどがありますので、このような特徴が人気の理由となっています。
メスは不要な施術なのでクールダウンの過程も不要ということになります。
けれども「アフターケア」はとても重要なポイントになってきます。

キャビテーションにおけるアフターケア方法として行われているのは「マッサージ」です。
キャビテーション施術の後に、施術した箇所をマッサージすることで血液やリンパの流れが良くなりますから脂肪の排出がさらにスムーズになります。
脂肪は一度乳化すれば、脂肪にはもう二度と戻れませんので、排出されるのを待つのみです。
なので、なるべく早い段階で体外へ排出させることが大事になるために、アフターケアとしてマッサージが行われます。

またちゃんと水分補給をするというのも大事なアフターケアです。
水分不足だと乳化した脂肪の排出がスムーズに行きません。
水分補給をすることで乳化した脂肪は汗や尿に交じって排出されていきますので、水分補給を心がけましょう。

この2点のアフターケアを大事にすることでキャビテーションの効果もさらにアップしていきますよ。

記事下挿入文字

メニュー


Copyright (C) 2014 キャビテーションにおけるアフターケア方法「メスを使わない脂肪 All Rights Reserved.